診察案内

中央動物病院

04-2958-1211

〒350-1308 埼玉県狭山市中央4-24-4

営業時間:午前9時~12時/午後4時~7時 定休日:土曜日、日曜日

lv

診察案内

当院の診察内容

内科診療

内科診療

内科診療は、主に消化器疾患、呼吸器疾患、泌尿器疾患、神経疾患、心疾患などのご相談に乗っています。
食欲がない、食べたものを嘔吐する、口臭がひどい、歯茎の色が悪い、咳が出る、尿の量が多い、下痢気味、体が熱い、気力がないといった症状が出ている場合は、何らかの疾患を発症していることが考えられます。
普段とペットの様子が違うと感じたら、当院へお越しください。
難治性の消化器疾患や重度の心疾患の場合には、日本小動物医療センターを紹介することが可能です。

外科診療

歩行や階段の昇降が困難になっていたり、体を触られるのを嫌がったりするような傾向がペットに見られた場合は、外傷、ヘルニア、脱臼、靭帯損傷など、何らかの症状を抱えている可能性があります。
当院では外科手術は行っておりませんが長年関連病院で外科疾患の治療を行ってきた豊富な実績がある獣医師を紹介させて頂きます。
また外科対応が必要な疾患に関しては、予約制とはなりますが、他院の外科担当獣医師をご紹介しております。
お気軽にご相談ください。

外科診療

皮膚科診療

皮膚科診療

当院には、日本に10名ほどしかいない獣医皮膚科専門医から、獣医皮膚科学を学んだスタッフが在籍しております。
犬・猫の皮膚は毛に覆われているとはいえ、とてもデリケートです。
普段からこまめにブラッシングをしたり、シャンプーを行ったりすることは、十分に皮膚のケアにはなりますが、ノミ・ダニの寄生やアレルギーによって皮膚疾患を発症するケースがあります。
かゆがっていたり、頻繁に体を掻く仕草をしていたり、膿が出ている、赤くなっている、発疹があるようでしたら、当院へお越しください。
関連病院の白石動物病院や日本小動物医療センターで診療を受けられるよう手配することも可能です。

腫瘍科診療

腫瘍科専門医による院内セミナーにて腫瘍学を学び、熟知したスタッフが診療を行っております。
ペットの腫瘍には主に乳腺腫瘍、肥満細胞腫、リンパ腫、骨肉腫が挙げられます。
発見が遅れれば、すぐに死に至る疾患ですが、腫瘍が小さく、転移していないうちに治療を行うことで完治する可能性が高くなります。
普段からペットの体によく触り、しこりなどがないかどうか確かめることが大切です。
日本小動物医療センターには、米国の腫瘍専門医の資格を取得した獣医師が週3日二次診療を行っておりますので、より高度な専門診療を希望される方はご紹介いたします。

腫瘍科診療

眼科診療

眼科診療

眼科専門診療を学んだ獣医師が診療にあたっております。
眼の疾患には、角膜潰瘍、白内障、緑内障などがあります。
遺伝や老化によって発症する場合もありますが、角膜を傷つけてしまったことが原因で発症するケースがほとんどです。
ものにぶつかることが多くなったり、ジャンプができなくなったり、光を眩しがったり、目をこする仕草が増えたり、そうしたサインがペットから出ていたら、目の疾患を疑ってください。
より専門的な診療・治療が必要とされる症例は、日本小動物医療センターの眼科医を紹介できますので、安心してご来院ください。

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ

〒350-1308 埼玉県狭山市中央4-24-4
診療時間:午前9時~12時/午後4時~7時 定休日:土曜日、日曜日

04-2958-1211

TOP